カウンセリングメニュー

カウンセリング=深刻な悩みで使うもの?

カウンセラーをしている事を友人知人に伝えると、多くの人は

「私が心の病気になったときはお願いね」
「(誰か紹介したいけど)私の周りにメンタル病んでる人いないしなぁ…」

のような反応をします。

日本ではまだまだ
「カウンセリングは心の病気や深刻な悩みがある人が使うもの」
と思っている人が多いようです。

でも、それは誤解です。
カウンセリングは日常的なモヤモヤにもお役立ちです。
むしろ「深刻になる前に使ったほうがいい」と私は思っています。

悩みは虫歯と同じです。

日ごろのストレスを「そんなに大したことじゃないから…」と放っておくと、
その期間が長ければ長いほどこじらせてしまいかねません。

「悩みは虫歯に似ている」と私は思うのです。

「虫歯」って症状が軽いうちに治療すれば1回の治療で終わることもありますが、ひどい状態になってからだと何度も何度も治療に通わなくてはいけなくなりますし、治るまでの期間が長くなってしまいます。

「悩み」も同じです。「これぐらい気にしないでおこう」と放っておくと、じわりじわりと自分のメンタルを傷つけていくことになり、気づいたときにはものすごく深刻な状況になっていることも……。

小さな悩みのうちに対処をすれば、深刻な状況にならずに済むことが多いです。

人生を良くするためには

悩みが深い状態でカウンセリングを利用すると、話のメインがどうしても「今ある状況の対処法」になってしまいます。

ちょっとしたモヤモヤの段階でカウンセリングを行うと、「よりよい人生を送るために何をすればいいか」までお話することが出来ます。

カウンセリングは悩みが軽いうちに利用することをオススメします。

ご提供中のメニュー

迷ったときはとりあえずこちら

心のおそうじセッション
(30分3,900円~)

グチを聞いて欲しい、つらい気持ちを受け止めて欲しいなど。
混乱した頭の中を整理し、感情を外に出しきることで、心が整います。

「自己肯定感(=自分を大切にする気持ち)」を高めたい方にも。

基本的には「アドバイス」をしないメニューですが、
頭の中が整理されることで、自分で解決策を思いつくケースも多いです。

「どれを受けたらいいかわからない」という方はまずこちらをお選びください。

富田のカウンセリングを試してみたい方にもおすすめです。

具体的なアドバイスが欲しいとき

心理分析カウンセリング
(60分 10,000円~)

カウンセラーの意見が欲しい時はこのメニューがぴったりです。

「〇〇したいのに出来ない」
「似たような問題を繰り返してしまう」
「あの人の考えてる事がさっぱりわからない」など。

「心理分析」という手法を使って、あなたや周りの人の心理状態を探っていきます。
今の状況を客観的に把握することで、解決の道すじがわかります。

文字で相談したいとき

LINEカウンセリング
(1日 3,000円~)

「ちょっとしたヒント」が欲しい、個別に質問したいことがあるなど。
比較的メンタルが安定している場合や、通話でのカウンセリングを受けるのに抵抗がある場合におすすめです。

文字でのやりとりなので、後から読み返しての振り返りがしやすいです。

お問い合わせ

お問い合わせは下記ページよりお願いします。
お問い合わせページへ