根本解決の糸口は○○を捨てること

「自分も幸せになれるカウンセリング講座」を受講して下さっている伊海真由美さんの記事を読んで、書きたくなったことを書いてみます。

真由美さんの記事は、「自分では気づきにくい『当たり前』」についての話でした。

これってすごく大事な事で、カウンセリングでも大切にしなくてはいけない事だったりします。

ぐるぐる思考から脱出して楽になる...
『「当たり前」の中に居て悩んでいるのかも。』 心理カウンセラー × 保健師 の 伊海(いかい)真由美です。  最近私がカウンセラーとして思い知らされていること、それは、私の中にまだまだ「当たり前」が有り過…

先述の講座では、去年から実践練習に力を入れています。

「実践練習」とは、カウンセリングでお話を聴く練習の事です。

実践練習の中で私がフィードバックする事の1位が「もっと話の中身が具体的になるように聴いてください」です。

皆さん、具体的に聴こうとしてくださってるんです。

でも、ちょっと足りない。

もっと具体的に出来る余地があるのに、そこを掘り下げないまま話を進めてしまいます。

具体化をおろそかにしてしまうのは 「話し手と聴き手の価値観が同じだった場合」 に多いです。

たとえば上の記事の「不潔が嫌」に関して言うと、「そりゃあ、不潔は嫌よね。当然よね。」ってカウンセラーが思っていると、そこを具体的にすることを忘れてしまいます。

「不潔の何が嫌なのか、なぜ解決したいと思っているのか」の方が、すごく大事なんだけど、そこを確認せずに話を進めてしまうのです。

「不潔が嫌」という点に関しては、話し手と聴き手で「価値観が同じ」に見えたとしても、「嫌な理由」は、もしかしたら全然違う所にあるかもしれません。

たまたま一緒だったらいいけど、ここにズレがあると、カウンセリングの軸がブレます。

…という感じで、おろそかになってしまう原因が「価値観が同じ(ように見える)場合」なので、具体化を忘れるかどうかは、「人による」わけではなく、「話の内容による」って感じです。

「この人はいつもちゃんと具体化する」とか

「この人はいつも具体化を忘れる」のようなことはありません。

「○○さんは、A事案に関してはちゃんと具体化してたのに、B事案では具体化を忘れてた」のような事が起こります。

どれだけ「自分の常識」を捨てられるか。

これが、質の良いセッションのカギを握ると思うのです。

この「自分の常識」のことを「観念」っていいます。

「観念」って、生きづらさや幸せに大きく影響することなので、自分にどんな「観念」があるのかを把握しておくことも大切です。

こういうのは、数をこなさないと、見えてこないんです。

だから、質のいい数稽古って、ほんと大事だなって思います。

数稽古をめちゃくちゃたくさんしている講座はこちらです。

自分も幸せになれるカウンセリング講座 基礎クラス

 

 

LINE公式アカウントお友だち募集中

最新情報のお知らせや
無料オンライングループへご招待など。
オンライングループでは
悩み相談なども受け付けています。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけたらすごく嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!